よくある質問|肩こりや腰痛にお困りではありませんか?そんな時は「美生mioはりきゅう整体院」の美容はりをお試しください!

美しく・健康に生きる美しく・健康に生きる

美容だけでなく全身を整え痛みのない体を作ることで、「美しく生きる」をテーマにしたはりきゅう整体院です。
また、「mio」はイタリア語で「わたしの」という意味です。
あなたにとって「わたしの整体院」と言っていただけますように。

よくある質問

はり・お灸は、痛い・熱いというイメージで怖いのですが。

台座付灸
よく鍼(はり)は痛い、お灸は熱いと思われている患者さんのお話を聞きますが治療に使う鍼は0.16㎜と髪の毛より細いものを基本に0.02㎜単位での太さの違いのものを使っております。
痛みの感じ方には個人差がありますが、ほとんど痛みを感じることはございませんが、まれに症状や生理前、ストレス状態が長く続いているなどの
健康状態が特に悪い場合には、爪楊枝で突く程度の痛みを感じることがあります。

また、お灸についても温めることが目的ですので、熱いと感じる前にお声掛けいただき取り除く治療になります。
写真のような紙の台座の付いたお灸を使用し、直接お肌に火が触れるという心配もございません。

美容鍼って顔に100本ぐらい刺すんでしょ?

お顔にたくさんの鍼(はり)を刺すほうが効果があると思われがちですが、実はそうでもありません。
ハリウッドスタイル上田式美容鍼灸®では、ツボ【経穴】を効果的に使うことで、より少ない(20~30本)はり数で
より効果のある施術法になっております。

効果はどれぐらい続くの?

初回は3、4日~1週間、長い方で2週間維持できます。4、5回目で1~2週間の維持感を持つ方が多いで す。年齢や肌の状態にもよりますが、7~10回目で定着してくる方が最も多く、この時期になるとその後は3~4週間、何もしなくてもコンディションがよいと感じる方が多くいらっしゃいます。集中ケア後は、見た目年齢が5~10歳若くなり、この状態が3~4週間に1回、施術を受けることで、2、3年持つと言われています。

何回ぐらい通えばいいの?

集中して通っていただくのは、一般的に10回。その後は月に2回がお勧めです
5回目でリフトアップの維持感を感じ、およそ10回目で定着し、元に戻りづらくなってきます。この期間中の理想的でベストな通い方は週1~2回です。ベターな通い方は10日~2週間に1回。ベストな通い方の場合、1ヶ月程度で効果を感じてきます。ベターのペース(月2回)でも、1ヶ月半~2ヶ月くらいで維持感を感じてきます。およそ 3~4ヶ月通っていただくと、フェイスラインがすっきりして、見た目年齢5~10歳若返り
を感じる方が多く、この状態は3、4年維持できます。ただし、紫外線のダメージや年齢によるコラーゲン量の低下もあるので、集中ケア後は、月に1~2回の お手入れをしていただくことが理想的です。もっとも多い通い方が、はじめの5回を週1回され、5回目から状態に応じて週1回もしくは2週間に1回で通う通い方です。


整体術ってバキバキするやつですか

整体術と聞くと骨をバキバキ鳴らして体を整えるものを想像される患者様が多いのですが、当院の整体術は筋膜リリース療法を用いたソフトな整体術です。主に筋肉をつまんだり軽く圧迫を加えたままゆするといった療法です。またコリの強いところでは10秒ほど圧迫をし「ツン」と響くような刺激を与えることもありますが、全体的にイタ気持ちいいといった感覚です。患者様の中には施術中に寝てしまわれる方もいるほどです。

腰痛や肩こりはどれぐらい通えばいいですか

今現在痛みを生じている場合は、一般的には10回。初めの1週間から10日の間に3回の治療を受ることをおすすめしております。、その後症状に応じて1週間に1回を目安に通院していただくのがベストとなります。一度の治療でよくなったと感じても慢性化して生じている痛みは筋肉に疲労の蓄積や癖がついているため「戻り」が生じやすくなっております。そのため集中的に治療することで、この蓄積や癖を解消し、痛みの出にくい体へと修復していくことが肝心です。また、治療終了後も、1~2か月に一度のメンテナンスを行うことで、体のバランスを維持することをおすすめしております。

カードは使えますか

VISA,MasterCard,JCB,AMERICANEXPRESS,DinersClub,DISCOVER
アップルペイ,iD,QUICPayその他交通系電子マネー各種がご利用になれます。
  • JFACe
  • ekitenn
  • yoyaku
  • ウェブマガジン リビングライフ

美生mioはりきゅう整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

tel.080-5928-4576

【営業時間】9:00~20:00(最終受付19:00)不定休

ページの先頭へ